English Version ( 日本語は下です! ↓)

(for contact, email sana.nagano@gmail.com)

Sana Nagano is the kind of improviser that recalls the very best of avant-jazz-rock violin, resurrecting the spirits of King Crimson, Jimi Hendrix, Mahavishnu Orchestra, and the full breadth of modernism all in one. Nagano’s acoustic violin is clean, cutting, sinewy, regal, magical. Yet nothing seems to please her more than ripping into a lightning bolt like, electric sounding improvisation while using her pedals intermittently. Nagano grew from many years of formal classical and jazz training, all put to excellent use. She clearly musses the conservatory up with the intentional/unintentional chaos and musical jokes in the best imaginable way.

 Nagano aims to approach to music organically and boundlessly. Her violin playing has attracted critical acclaim since her album, Inside the Rainbow, was released in 2014. "There is something magical here, an unforced sublime unfolding like flowers reaching for the sun."  Bruce Gallanter (The Downtown Music Gallery) expresses the sentiment. Being an active band leader and composer, some of Nagano’s latest projects have been harsh-noise/synth-wave/guitar-violin duo Silent Noodles (Tristan Pollack), avant-pop/experimental strings-vocal duo Peach and Tomato (Leonor Falcon) as well as avant-disco/experimental/meme duo Nattō Bunny (Kevin Shea).

Nagano has been a mainstay of free jazz giant Karl Berger’s Improvisers Orchestra and world-reknowned, innovative percussionist Adam Rudolph's Go: Organic Orchestra. Nagano also worked with Joseph Jarman, Yusuf Lateef, William Parker, Daniel Carter, Oliver Lake, Glen Velez, Loire (Lori Cotler), Billy Martin, Kenny Wessel, Peter Apfelbaum, Steven Bernstein, John Ehlis, Harvey Valdes, Yuma Uesaka, Brittany Anjou, Yasuno Katsuki, Keisuke Matsuno, Rocco John Iacovone, Will Mason, Dan Stein, Showji Masaharu, Akihiro Honma, Michiru Inoue, Kenya Kawaguchi, Stephen Elkins, Tyler Luppi, Pawel Klin, Sam Day Harmet, Robert Boston, Glen Fittin and others. In 2016 she played for contemporary dancer/choreographer Jodi Melnick’s residency at the Guggenheim Museum.

Nagano performed in various cities in Japan as well as in some of the finest venues in NYC, including Carnegie Hall, Kaufman Music Center, Le Poison Rouge, St.Peter’s Church, the Guggenheim Museum, the Rubin Art Museum, the Stone, Shapeshifter Lab and Roulette, the Rockwood Music Hall.

 

 

Japanese Version

ニューヨークの アバンガード バイオリニスト、長野佐那子 (Sana Nagano) は、より自由に、よりOrganicに、音楽作り、 即興演奏、作曲をしていく事を、 心掛ける。 彼女の演奏、そしてファーストアルバム “Inside the Rainbow”  (2014) は、ニューヨークのフリージャズ、アバンガードシーンとメディアに賞賛されている。 ニューヨークのフリージャズミュージシャン、プロのジャズ評論家、ジョン•ピエタロー(The Cultural Worker)は、Sanaの音楽を、 "clean, cutting, sinewy, regal, magical"  (クリーンなのにエッジがあり、パワフル。そして魔法がかったような、影響力のあるサウンド) と、ファンのフィーリングを反響させ、絶賛している。

アクティブのバンドリーダー、作曲家、としてのSanaの、最近のプロジェクトは、ニューヨークのアバンガード界で名の知られるドラマー、ケビン•シェア、 アメリカのミシガン出身で現在ニューヨークで活動中の才能溢れる新星ジャズサックス奏者、上坂悠真とのフリージャズトリオ、”Sana Nagano Quartet “ (ジム•ブラックとの共演で知られるドイツ育ちの日本人ギタリスト松野ケイスケ、ドラマーのウィル•メイソン、ベーシストのダン•スタイン)、そしてソロバイオリン•プロジェクト ”Sanako” を含む。全体的な活動を通して、 自然のままに、時にシンプルに、時に複雑に交わるリズムとハーモニーのネットワークをコアにおきつつ、作曲、ソロとアンサンブルプレイを繰り広げていく。

Sanaは、ニューヨークの名だたるシーン (カーネギーホール、カウフマン•ミュージックセンター、レ•ポイソン•ルージュ、セイント•ピータース教会、グッゲンハイム美術館、ルービン美術館、ストーン、シェイプシフターラボ、ルーレット、65フェンミュージックシリーズ等) に数多く出演している。サイドミュージシャンとしての彼女は、ピアノとバイブラフォンを弾くジャズ•レジェンド、カール•バーガーのImprovisers’ Orchestra、あのマイルス•デイビスとも共演した世界的に有名な パーカッショニスト、アダム•ルドルフの Go: Organic Orchestra のレギュラーバイオリニスト、ソリスト、レコーディングアーティストとして知られる。他にも東海岸を中心に、Sanaは世界的有名なミュージシャン、アーティストと数多く共演する。Sanaの共演者は、ミュージシャンの ユセフ•ラティーフ、ジョセフ•ジャーマン、ウィリアム•パーカー、ダニエル•カーター、オリバー•レイク、グレン•ヴェレズ、ロリ•コトラー、ビリー•マーティン、ケニー•ウェッセル、ピーター•アプフェルバウム、スティーブン•バーンスタイン、ジョン•エリス、ハービー•ヴァルデス、そしてモダンダンサーのジョディ•メルニックなどを含む。